テント倉庫メーカーガイド warelabo » テント倉庫の基礎知識

テント倉庫の基礎知識

費用目安

テント倉庫の建設は、基礎・鉄骨・生地とシンプルな構成。確認申請を含めても1~3ヵ月ほどで完成し、資材も他の建築物に比べて安価にすむことが多いです。

ただ、サイズや規模、雪国などの建築エリアによって価格が異なり、防炎生地や不燃生地などシートの選択でも変わってきます。さらに、建設後の維持費や税金についても考慮しておく必要があります。ここでは、テント倉庫を建設するのに必要となる費用目安について紹介しています。

テント倉庫の施行にかかる費用の
目安について詳しく見てみる

工期はどれくらいかかるのか?

テント倉庫の企画から施工、完成までにかかる期間は、他の建築物と比べて短いです。通常、1~3ヵ月ほどといわれています。土地の選定や調査、必要書類の作成、申請手続きなどに時間がかかる傾向にあり、テント倉庫の建設だけなら早くて1週間程度で建てられます。ここでは、一般的なテント倉庫の建設期間とその流れについて紹介しています。

テント倉庫建設にかかる
施工期間について詳しく見てみる

テント倉庫に関わる法律

テント倉庫は建築物の一つになるため、建築基準法により建築確認申請をおこない、確認済証を交付してもらう必要があります。テント倉庫の建設は申請が通ってからです。ここでは、テント倉庫の建設に欠かせない建築確認申請や、申請を通るための基準となるテント倉庫技術基準について紹介しています。

テント倉庫に関わる法律を
詳しく見てみる

テント倉庫のメリット・デメリット

テント倉庫は他の建築物に比べて短期間での建設が可能で、施工費やランニングコストも低く抑えることができます。また、変形地などにも建てられる自由度があり、解体・移設も簡単と使い勝手もいいです。ただ、シートで覆われているだけなので夏は暑く冬は寒い、外部からの経年劣化も受けやすいなど気になることも。ここでは、テント倉庫のメリットとデメリットについて紹介しています。

テント倉庫のメリット・
デメリットを詳しく見てみる

テント倉庫の耐久性

骨組みをシートで覆っただけのテント倉庫は、他の建築物に比べて耐久性面で心配されがちです。そのため、各社が競って高耐久のシートを開発するなどして、その耐用年数が年々上がってきています。ただ、そうはいっても定期的なメンテナンスが欠かせない事には変わりません。ここでは、テント倉庫の耐用年数はどれくらいあるのか紹介しています。

テント倉庫の耐久性について
詳しく見てみる

テント倉庫をレンタルしたい

一時的に倉庫が必要になった場合におすすめなのがレンタルできるテント倉庫です。コストや工期を短縮できるメリット以外に、契約期間も柔軟に設定できるのが大きなメリット。試用期間によってはリースが有利なこともありますが、費用対効果が高いのでぜひ検討したいテント倉庫の利用スタイルです。

テント倉庫のレンタルについて
詳しく見てみる

移動できるテント倉庫とは

倉庫自体が移動可能なタイプや屋根や壁面が可動するタイプなど、テント倉庫にはさまざまな可動式テントがあります。保管したい物品のサイズや重さによっては、固定式の倉庫よりもテント倉庫の方が利便性やコストパフォーマンスが高いのがポイント。使用用途も多岐にわたり、柔軟性の高さが魅力的です。

移動できるテント倉庫について
詳しく見てみる

オーダーメイドのテント倉庫

保管する物品の保存条件や倉庫内での作業環境によって、テント倉庫にもさまざまな機能が求められます。オプションを追加できるオーダーメイドのテント倉庫なら、使用者のニーズに合わせた機能性が持たせられ、保管物の品質を守りながらスタッフの作業環境も良好に保てるのが大きなメリットです。

オーダーメイドのテント倉庫について
詳しく見てみる

高品質なテント倉庫を建築できる
テント倉庫メーカー4選
全国各地の拠点から
迅速な見積もり、施工対応
高島
高島公式HP

画像引用元:高島公式HP
(https://tak-sheethouse.jp/)

  • 迅速対応を重視しており、連絡をもらってからのスピーディーな対応をお約束
  • フルオーダーからレンタルテントまで顧客の要望に合わせた設計・予算に合わせた提案
  • 全国各地に拠点を持ち、何かあった際のサポートもスピーディーに対応

公式HPから見積もり依頼

電話で問い合わせる

企業の特徴・事例を
もっと詳しく

大規模な膜構造建築物を手掛ける
リーディングカンパニー
太陽工業
太陽工業公式HP

画像引用元:太陽工業公式HP
(https://www.tentsouko.com/guide/)

  • 大規模建築物にも活用され、各方面より高い評価を受ける技術力
  • 自社内に研究施設があり、膜構造・素材の研究を重ね、より高性能な膜構造建築物を提供
  • ISO認証を取得した自社工場で加工する高品質・高性能膜材

公式HPから見積もり依頼

電話で問い合わせる

企業の特徴・事例を
もっと詳しく

環境・地域の建築条件に合わせた
フルオーダー建築
岸工業
岸工業公式HP

画像引用元:岸工業公式HP
(https://www.kishikogyo.co.jp/)

  • 環境・地域ごとの建築条件に合わせたフルオーダーのテント倉庫建築
  • 設計・制作・施工に至るまでワンストップで自社内対応
  • 国内製造の材料を自社工場で加工し、高品質な材料から高品質なテント倉庫を建築

公式HPから見積もり依頼

電話で問い合わせる

企業の特徴・事例を
もっと詳しく

多種多様なテント倉庫を建設する
テント倉庫専門メーカー
山口産業
山口産業公式HP

画像引用元:山口産業公式HP
(https://membry.jp/)

  • 倉庫以外の実績も豊富で、ニーズに合わせた提案が可能
  • 日本膜構造協会認定、ISO認定取得工場で膜体の品質を担保
  • 全国各地に豊富な実績を持ち、ノウハウ豊富なエンジニアによる一貫設計

公式HPから見積もり依頼

電話で問い合わせる

企業の特徴・事例を
もっと詳しく

【選定条件】
2023年2月15日時点のGoogle検索「テント倉庫 メーカー」(全11P,101件)で公式HPが表示された38社の中から
・日本膜構造協会の正会員、工場認定を受けている
・全国対応を公式HP上に明記している
4社をピックアップして紹介しています。